がん保険の必要性 自分が倒れても家族を守る

がん保険の必要性 自分が倒れても家族を守る

がん保険の必要性 自分が倒れても家族を守る 最近CMでもお馴染みのがん保険についてお話していきたいと思います。現代の医学では、がんは治せる病気になってきました。結婚する際に、万一に備えて保険に加入する方は多いですが、普通の生命保険ではがんの治療費は適応されない事が多いので注意が必要です。

がんは治せる時代といっても、多額の医療費がかかります。もちろん、自分は仕事ができなくなってしまっているので、家族に多大な迷惑がかかってしまいます。そんな事にならないように注目されているのががん保険です。

定年を迎えるまでに5人に1人ががんになると言われています。男性の確率が約8%、女性約10%の確率で定年までにがんになる可能性があるのです。この数字で、「なんだ少ないからいいや」と思う人もいると思います。実際に病気になった人にしか分からないし、必要性も実感できないと思います。しかし、がんになってからでは保証は一切なく、自分で治療しなくてはなりません。経済力に余裕がない方は、治療することすらできないでしょう。がん治療が長期化する方は全体の45%近くいます。

つまり、がんは治るがいつ再発するか分からない病気ということです。1年の治療ならがん保険に加入していなくても治療をしていくことは可能でしょうが、これが数十年続くとなると残された家族への負担が大きくなります。本気で家族を守りたいと思っているのなら、がん保険をもう一度勉強されることをおすすめします。キレイモキャンペーン

最新のお知らせ

  • [2017年02月06日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月06日]
    運営者情報を追加しました。